短期投資から中長期投資へ

ゆるく株式投資のことを書いていきます

売る時

ちょうど株を売る時のネタが昨日開示されたので書きたいと思います。

 

銘柄は4026 神島化学工業

こちらは去年好決算上方修正なんかで株価が何倍にもなりました。

それが今年6月12日の本決算の時に、今期の成長予想が鈍化しており翌営業日売られました。

もし僕が株主であれば翌営業日以降売却していきます。

この時の寄り付きの株価は、144円安の1978円です。

そして昨日、神島化学は下方修正を出しました。

昨日の引け値は1685円。本日は寄らずのストップ安の張り付きです。

 

なぜ神島を例に出したか?

友人がこの神島を持っていて、本決算の時の鈍化から僕が何度も神島にこだわるのは止めた方がいいと何度も言っていたからなんです。

 

仮に持ち株が含み損だったとしてもトレンドに変化のでる開示が出たら躊躇わず切る意思は大切です。その後上がるかもしれませんがそれは仕方ないです。

下がる可能性があることをもっと重視した方がいいです。まず何よりも生き残ること。これが投資する上では大切なことです。

 

 

広告を非表示にする

11月の収支

+365万

 

前月比推移

月初+250万

中旬-50万

月末+365万

 

値動きが激しかったです。

 

12月は上げ相場来て欲しいです。

しばらく沈静化していた北朝鮮どうなるかな。

広告を非表示にする

中小型株に資金きたか?!

マザーズ指数がとてもいい。日足、週足、月足のどれもがいい。

こういう時は短期、中期長期のどの目線でも安心して持てると認識しているが、

1点懸念をあげるとするなら日経平均のチャートが押し目形成しそうな形であること。

日経平均は10月にやや上げすぎたように感じる。なので日経平均の今後の展望で理想なのは今月はほぼ横ばい、12月にやや強いくらいの短めの陽線くらいでいいんじゃないでしょうか。そうすることで資金は中小型株に向くと思います。

日経平均が弱いとやはり中小型株も多少は引きづられると思いますので、大型株はふんばってほしいところです。

 

ちなみに今月は+250万ほどです。

心構え

日経平均強いですね。

過去の選挙結果をみると自民大勝後の日経平均は大きく上昇しました。

 

一方でマザーズ指数の上げまでにはタイムラグがあります。

2005年9月11日の選挙から10月に入って徐々にマザーズは買われました。

その間3週間。

2012年12月16日の選挙から1月大発会からマザーズは買われました。

その間2週間。

2017年10月22日に選挙がありました。そして11月7日で2週間経過。

まだマザーズには特に資金がきてる感じはしませんし、今回はないかもしれません。

 

ただこれら3回の選挙の行われた年の景況感だと今回が一番景況感は良いと感じるんですよね。だからこそ日経平均は21年ぶりの高値でもあり、失われた20年からの脱却を予感させたりもします。

こういう節目の時は大口投資家にとっても、中小型株を仕掛ける絶好の機会だと思うんです。そういうことで今回も中小型株でバブル的な相場が来るのではという心構えはしておくべきでしょう。仮に来なかったとしてそれで損することはありません。来た時の機会損失は半端ないです。

 

狙いは決算で良いもの。そしてチャートの良いもの。

チャートの悪い株がいずれ来るだろうで資金拘束はもったいないと思います。

広告を非表示にする

相場の雰囲気

自分は2004年3月末より株式相場の世界に入りました。

実際に口座を作ったのは確か2004年の1月くらいだったと思います。

確かカブドットコム証券。実売買をする前に基本的な用語の勉強と板情報がチカチカした雰囲気だけでも味わおうとしてです。

 

相場の雰囲気なんですが、2003年4月からの上げ相場はリアルタイムでは知らないんですが、チャートを見る限りとても強烈な上げ相場でした。

あとITバブルの時もニューエコノミーと言われたりビットバレーとか盛り上がりをテレビでみたりして、実際にチャートなんかでもこれぞバブルっていうのはわかります。

ただこのITバブルっていうのは新しいフロンティアが生まれた勢いやムードだけで実需まではいってないのは感じていました。

 

その次の上げ相場は小泉郵政選挙後。この時は不動産流動化なんかは業績がすごかったですね。ただ新興なんかはライブドアをはじめ何やってんだかわかんない企業が多かった印象があります。大型株は2007年あたりまで中国需要もあり資源セクターを筆頭に景気がいいなと感じていました。

 

2012年末からのアベノミクスですが、この時は民主政権から政権交代からの円安とこれからの期待のが大きかったように思います。で、4~5年たった今世界的な景気の良さというのはヒシヒシ感じます。トリクルダウン効果はまだ反映されていませんし、物価高もあって実体経済にはまだ好景気は感じられませんが、企業業績に関しては今世紀で一番じゃないでしょうか?

 

息の長い本当の好景気が来て日経平均3万円越えを果たして欲しいです。

広告を非表示にする

2017年10月の収支

今月は+238万円でした。

日経平均の高値警戒感、選挙ありの状況によって大きく動くだろう10月でしたが、月初にある銘柄を3分の2売却した以外はポジションはほぼそのまま放置。(やや買い増したくらい)

売った銘柄は売値を下げることも多々あったけど、最終的にはそこから10%上昇してたりします。。。。

 

選挙後は大型株ばかり資金がきて、中小型株はむしろ売られる展開。

しかも持ち株の決算は微妙なのが目立っていた。

そんな中、プラスで終えられたので十分満足です。

広告を非表示にする

2005年小泉郵政解散選挙との類似性

ふと思ったのでチェックしてみた。

 

2005年9月の小泉郵政選挙

この時の日経平均は2004年4月から12000円を頭を抑えられていました。

それが2005年8月8日の解散から選挙の9月11日まで連日の日経平均が上げ続け、頭を抑えられていた12000円をあっさりブレイクし、その後年末まで16400円まで上昇しました。

2004~2005年の日経平均週足

f:id:davie_nicola_van:20171019071050j:plain

 

今年の衆議院議員選挙。

日経平均は2015年7~8月の20500円で抑えられてた日経平均があっさりブレイクしました。選挙をきっかけにブレイクという類似性ですが、選挙後にどうなるかはわかりません。

2015~2017年の日経平均週足

f:id:davie_nicola_van:20171019072220j:plain

 

ちなみに2005年に新興バブルとかよく言われますが、指数だけをみると

郵政選挙が終わっても指数はくすぶっていましたが2005年12月の1ヶ月がバブル的上昇だんです。なので仮に今回の選挙で与党が議席数を増やした場合でも、新興株に資金がすぐ来るとは限らずライムラグがあることを意識してもいいかもしれないです。もちろんバブル相場が来る確証はありませんが。。。

2005年のマザーズ指数

f:id:davie_nicola_van:20171019072503j:plain