Friday night fantasy に憧れて

ゆるく株式投資のことを書いていきます

現代文と株式投資

ずっと思ってたことなんですが、ふと思い出したので、思い出してる内に書いておこうと今書いてます。

 

現代文はまさに大学受験における現代文です。

僕は大学受験生の頃の現代文(国語)はそれこそ偏差値45くらいの出来でした。

センター模試なんかの現代文を読んで、回答に当てはまるのはどれかという選択問題にしても、どれも当てはまるじゃんという読解力。

予備校に通って最終的に国語は偏差値60~65くらいに上がったんですが、偏差値45時代の自分は現代文を読んでも、読んだ気になっていただけなんですね。

文章を読みこの文脈はどこにかかってと熟考しながら読むことで選択問題でも記述問題でも回答が見えてきました。

 

株式投資に対して僕は初年度に運用資金を30%強ほど減らしたんですが、そこで色々投資関係の本を読みました。10数年前はそれこそデイトレのような短期売買が注目されていて主にチャートをみたテクニカルの本を読んでいました。が、読んだからといって投資の結果は良くなりません。読んだ気になっていたんです。

投資の、特に短期売買においては本を熟考して読むとかは無意味です。

それからは常にチャートを見ていました。ネット掲示板の過去ログ等でうまい人がインした時はなぜここで買うのかそういうのを考えながらチャートを見ていました。

過去のチャートパターンを見てその後どういうチャート形成になりやすいか、もしこういうチャートになったらその後どうなるかを数百数千~銘柄を時間軸を変えながら見ました。この時期はほんとチャートばっかみて色々研究なんかもしたんですがそれが全く苦じゃないんですよね。飽きもしないし理由もなくなんか楽しかった。ひとつの事にのめり込み易い性格なんでしょうね。

そうこうする内に、ポンッとひらめきというか「!」って思う瞬間ができ、また数百数千~銘柄、時間軸を変えながら検証しました。

その後テクニカル本や雑誌なんかを読むと、さらっと流して書かれていることが実はすごい本質を突いていてとても重要なことじゃんと気付きます。

自分で考え思いついた発見と、本で書かれた内容はまったく同じことなのにその価値は別次元です。

 

株式投資においてセミナー参加とか勉強会とかで教えてもらったとしても、現代文と同じで勉強した気、理解した気になっただけになると僕は思います。投資に対する取っ掛かりという点では良いかとは思います。

大切なのは自分で考え仮説を立てそれを検証する。その継続なんだと思います。