中長期投資のすゝめ

~株で儲けて世界旅行~

年度別難易度

株クラの人が年度別難易度を書いていたので自分の見解を書いてみます。

地合からみた難易度。

2004 前半 easy  後半 hard

2005 easy

2006 東証1部 easy   新興 hard

2007 東証1部前半 easy 後半 hard 新興 hard

2008 super hard

2009 normal

2010   normal

2011   hard

2012 easy

2013 very easy

2014   normal

2015   normal

2016   very hard

2017   easy

2018   very hard

 

2009~2011年は自分の相場の真剣度が低かったので、このあたりはやや曖昧です。

ただ2010年度からアルゴが登場し、値動きもなくなり短期では難しかったようにも感じてます。実際いくつもの地場証券のディーリング部が廃止になったりしました。

リーマンショックの2008年は自分は短期だったので値動きがあって個人的には好きでしたが中長期の人はスーパーハードだったでしょう。

投資スタイルによって難易度は変わってくるでしょうし、あくまで個人的見解になります。

個人的には中長期に転向して以降だと2016年度の難易度が高いと思っています。

年初の急激な円高、イギリスEU離脱投票Brexit、大統領選挙で乱高下が激しかった。