短期投資から中長期投資へ

ゆるく株式投資のことを書いていきます

パフォーマンス

ズボラな性格な為、過去の入金額や出金額等の記録を取っていないので曖昧な数字になってしまいますが、入出金、税金などを考慮した口座の数字を基に大雑把に。

 

2004年 -30% 

2005年  +20% (バイト代入金込み)

2006年 +50%  

2007年 +70%

2008年  +8% (3月末までのパフォーマンス)

<2008年6月末~2009年6月末まで仕事の為まったく取引せず>

2009年     ±0% 

2010年  ±0%

2011年  +5%

2012年   +95%

2013年   +150%

2014年   - 2%

2015年   +73%

2016年   + 2%

 

※2009年は失業手当から交際費を引いてあまった分を入金

※それ以外の年は出金済みの口座の数値なので実質もう少し収益はプラスになり、

 2014年も実際は多少のプラスだったりします。

 

2009年は1年ぶりに株式投資をするにあたり自分のお金が減ることの不安から売買があまりできなく、2010年、2011年もその尾を引きながらアルゴの活発化で更に売買が減ったことが原因と認識しています。

 

2012年からは売買を見直し中長期投資に軸足を移して今に至っています。